セキュリティソフト!

「なんでこんなに時間がかかるの・・・!」 と、思わずつぶやいてしまった。
常駐しているセキュリティ対策ソフトウェア(アンチウイルスソフトウェア)が
ウイルス検索をはじめるとパソコン(PC)の動作反応が遅くなり、2時間以上
作業を中断せざるを得ない。前回検索と異なる新しい部分だけ検索すれば
時間を短縮できると思うが、毎回PCの中全てを検索して時間がかかり困る。
 
セキュリティソフトは前年版より軽くなっていると宣伝されているが、年々
多機能化していて、リアルタイム監視機能はもちろん、スパイウェア対策
不正侵入対策、ネットワーク管理、フィッシング詐欺、迷惑メール対策、
ファイル共有ソフト対策の機能、その他の設定などの機能が追加され、
機能が多過ぎてその負担のため動作が重くなってきているように思える。
 
それだけ多くの機能が必要とされているのだろうと思うが、ブロバイター
でもメールのウイルスチェック報告と削除もしてくれているので、マニア以外
の一般的なユーザーにはセキュリティソフトは必要最小限の機能でも良い
のではと思う。PC作業の負荷にならず軽くて常にウイルスやスパイウェア
などから守ってくれ、初めにダウンロードすれば後はユーザーが更新など
何もしなくても定義ファイルなど自動アップデートされウイルス検出率が高く
手間無しでコストがかからないセキュリティソフトが一番ありがたいのだ。
 
私の最初のPCはWindows98でしたが、調子が悪くなってからウイルス
に感染していた事に気付き、慌てて量販店へ駆けつけました。とりあえず
店頭で目立つパッケージ版ソフトを購入しインストールして安心したが・・・
当時は手動でウイルス削除していて、どこで間違えたかOSデータのレジス
トリファイルまで削除してしまったようで音が出なくなるわ、漢字変換もでき
なくなり、ついに最悪の状態になり、リカバリーするはめになってしまった。
それでも不調でWin98はセーフモードにしてデータのバックアップを取った
後に、少々手荒ですがハードディスクをハンマーで破壊し廃棄した。その後
WinXPに買い替え、同じセキュリティソフトのダウンロード版を毎年更新し
ながら、気が付けば現在もそのまま延々と使用し続けていたのです。
 
しかし、毎年の更新時期になるとこのままで良いのかと迷ってしまう。と言う
のは、更新料無料のセキュリティソフトや広告が付くが完全無料のソフトま
で様々登場したからで、他社ソフトの性能も試してみたいと思ったのです。
PCを家族で複数台持つようになるとセキュリティソフトも負担になり、毎年
更新料がかかるため、台数が増えればそのぶんの負担も増えるからです。
 
機能が必要最低限あれば他のソフトに乗り換えようかとも考えているが、
このようなユーザーの迷いを防止するためなのか、2年か3年の継続割安
セット販売もしている。さらに、1つのソフトを家族3台のPCにインストール
できるサービスもありますが同じソフトなので他社ソフトの性能比較には
ならず、複数の他社ソフトを1台のPCにインストールすると不具合が起き
るため、1台のPCでソフトの比較検討ができないのではないかとも思う。
私のような迷える一般ユーザーのために各社ソフトの性能差をチェックす
る公正な第三者機関の性能データが絶対に必要で、そのような権威のあ
る公共機関が日本に設立される事をユーザーの一人として熱望している。
 
メールにウェブサイト閲覧やショッピングにバンキングなど、生活にネットは
欠かせなくなっています。それに伴い、ネット環境を狙ったウイルスや不正
アクセスやネット犯罪も横行しています。最近では営利を目的とした職業的
なオンライン犯罪者たちが広大なネットに罠を張り巡らせてフィッシング詐
欺や個人情報を盗み出す等の経済的実害をもたらしている現状なのです。
 
有名企業などを装う偽装工作したウイルス添付メールやスパイウェアは
知らない内に勝手にPCにインストールされ害悪をもたらすプログラムで、
ネットで検索し調べてみると「マルウェア」と「スパイウェア」があるそうです。
 
マルウェア (Malware) とは、コンピューターに侵入し感染活動や破壊活動
を行うウイルスとワームやスパイウェアなどの悪意のあるソフトウェアの総称。
スパイウェア (Spyware) とは、ユーザーに関する情報を収集し、それを情
報収集者である特定の企業や団体や個人等に送信するソフトウェアです。
 
「マルウェア」はポップアップ広告などを表示させるアドウェアや、 スタート
アップ画面(ホームページ)を書き換え場合によっては変更不能にするホー
ムページハイジャッカや、 どこのサイトを訪れたか、どういうプログラムを
インストールしているか、どのような操作をしているか、およびメールアドレ
スなどを勝手に送信する一部のスパイウェアや、 ダイヤルアップの接続先
を勝手に変更して、有料ダイヤルに変更したりするダイヤラや、 独自の
検索バーを表示し、ユーザーの情報を送信したり、特定の広告主のサイト
に飛ばそうとするブラウザハイジャッカ などで、とんでもなく悪質なのです。
 
スパイ活動を行う「スパイウェア」はPC内に存在する情報、あるいはPCに
対する操作の情報を、許可無しに第三者に送信するプログラムで、具体的
に送られる情報例としては、メールアドレス、本名、住所、電話番号等の
個人情報や、クレジットカード番号、ID、パスワード等のウエブ上で使用する
秘密情報や、何を入力したか、何がインストールされているか等のPCの
使用履歴や、どのサイトを見たり、クリックしたか等のブラウザの履歴です。
 
シェアの多いWindowsOSに感染するコンピュータウイルスはMacOSに
は感染しないので、マックにウイルスは寄生できないと信じられている。だ
が、最近マック用のウイルスも発見され、マックもセキュリティ対策が必要
になった。しかしマックに対応したアンチウイルスソフトはまだ少いようです。
 
ウイルスは日々新しいものが作られており、インターネット犯罪が後を絶ち
ません。ウィルス感染は自分自身だけの問題ではなく、ネットワーク全体へ
の二次被害拡大にもなりますので、PCを使うならセキュリティソフトは必需
品です。情報化社会のインフラ整備の観点からも、いずれセキュリティソフト
は当然のように完全無料でダウンロードできるようになると予測しています。
 
ご参考までに・・・
「無料のセキュリティソフト」
KINGSOFT     http://www.kingsoft.jp/is/
AVG Anti-Virus Free Edition  http://www.avgjapan.com/avgfree80.html
AntiVir  http://www.free-av.com/en/download/index.html
「スパイウェア駆除ツール」
Spybot  http://www.safer-networking.org/jp/index.html
Ad-aware http://www.lavasoft.de/index.php
アダルトサイト被害対策の部屋 http://www.higaitaisaku.com/
 
otusan
なんでこんなに時間がかかるの・・・! 
拙作イラスト「小さいおっさん」講談社刊の日本妖怪大百科VOL10より
Copyright (C)AoiFujimoto. All Rights Reserved.
広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中