都市伝説!

今月初めは並木伸一郎さんの著書「最強の都市伝説3」の本文イラストを
12点描いていました。これは、シリーズ本で、5月下旬に経済界から発売
される予定です。近代と現代に口承やマスメディアなどを通して広がり、
民間に語られ、信じられている噂話をまとめた写真とイラスト満載の本です。
 
その拙作イラスト内容は、
「1・白い糸の正体」 これは、ピアスの穴にまつわる話で、視神経が白い糸
となって穴から出て、引っぱると失明すると信じられている絵をユー モラス
に描きました。
「2・コインロッカー」 コインロッカーに捨てられたベィビーの怨念の絵です。
「3・ハロウィンの危険な話」 ハロウィンサディストの毒入りキャンデーが入
った危険なハロウィンの菓子袋を象徴する絵にしました。
「4・殺人ピエロ」 ピエロの絵は人気があるそうですが、こちらは、白塗りメ
イクのピエロが不気味に笑っている怖い絵です。
「5・首なし地蔵」 これは、ずばり首なし地蔵の絵です。
「6・電話を使った交霊術さとるくん」 これは、こっくりさんの現代版、携帯電
話バージョンの絵です。
「7・杉沢村は隠れ里だった」 これは、文中の霧の中から現れたという斧を
持ち、血まみれの男の絵です。
「8・こいとさん」 こちらは、自分そっくりの死神こいとさんの絵です。
「9・真夜中の怖い訪問者」子供部屋の扉に張り付いている「ババサレ」の
恐ろしい絵です。
「10・スクエア暗闇の怪異」 暗い部屋の片隅にぽつんと座 っている「隅の
婆様」の不気味な絵です。
「11・プロジェクト・セルポ異星への交換留学」 友好的なエイリアン「イーブ」
とそのセルポ惑星の環境描写の空想絵です。
「12・晴れときどきカエル」 空から沢山のカエルなど色々な物が降って来る
イギリスの実話だそうですが、人が傘をさし て迷惑そうにしている絵です。
 
嘘か真実か曖昧で、いかがわし過ぎて可笑しくて怖いのですが、ファンタジ
ーとして楽しむ私には大変興味深く、注文された内容の挿絵を描かせてい
ただきました。
イラストはパソコンソフトのPhotoshop Elementsを使用して、モニタサイズに
拡大してドローイング制作しました。一点ずつ送信しながら一週間で描き終
える事ができましたが、モノクロでサイズも小さく、本になった印刷でどこま
で鮮明に見えるか気がかりなところです。
 

「晴れときどきカエル」Copyright (C)2009 AoiFujimoto. All Rights Reserved.
広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中