その後の「金持桜」!

鼻汁常に垂れながらの仕事で、あんなに煩わしかった花粉症が嘘のように
治まり、都市伝説の追加イラストもあったのですが描き終え、元気満々です。
依頼されて描かせていただく仕事なので描く絵の分野を選ばないをモットー
としていますが、不思議と怪奇的な絵は修正の直しが殆んど無く快調です。
 
でも、昨年11月に注文されて描いた絵「金持桜」を今年の桜シーズンが終
わった頃に?更に加筆修正の依頼があった。桜は毎年咲くので今年発売
でなくても当然、構わない訳なのですが、締切期限を特に作らない依頼主の
鷹揚にかまえた仕事のテンポも気に入っていて、長期を見据えた商品開発の
方針に驚嘆すると共に、その修正も納得できる内容なので感服したのです。
 
その加筆依頼とは、桜の花びらが散り積もる絵の地面の部分を小判で埋め
尽くされている状態に描き直す注文でした。すぐに、返送されてきた原画の
修正部分全体を覆い隠す様に地塗りして沢山の小判などを描き加えました。
 
その原画を撮影して修正結果を確認してもらうために添付送信するのですが、
写真撮影が難しくて原画の色合いが正確に再現されてないように感じました。
それに、三脚を使用しているのに正方形のキャンバス角も直角にならずに、
どうしても歪んで撮影されてしまいます。絵の部分は円形なのでトリミングして
送信できますが、検討用には稚拙で恥かしい写真の出来だと思っています。
とりあえず仕方なく依頼主へメール添付送信しましたところ、数日後の会議
で検討結果OKのメールが届き、直ぐに再び原画を宅急便で納品しました。
 
どうにか商品名の「金持桜」に相応しい金運招来のイメージになったようで、
仕上がりに得心しました。このような開運絵や縁起絵そしてタリズマンアート
や風水などは大衆的ですが、富士山絵や七福神や招き猫など私にとって
幸運を呼び込む身近な御守りのような開運アイテムとして愛着を感じている。
 
はたして来年の桜シーズンまでに発売されるかどうか?わかりませんが、
もしかして商品化されないかも知れないのですが、このように時間をかけた
商品開発なので通信販売されたら是非ご覧いただければ幸いに存じます。
加筆した「金持桜」Copyright (C)2009 AoiFujimoto. All Rights Reserved.
広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中