しゃぼん玉!

8月24日(月)~9月18日(金)まで銀座のクリエイションギャラリーG8で開催
される東京イラストレーターズ・ソサエティの展覧会に参加出品するための
作品を制作しました。今回は日本の童謡、唱歌がテーマなのでネット検索
して私は野口雨情作詞・中山晋平作曲の「しゃぼん玉」を選曲しました。
 
展覧会のタイトルは「しゃぼん玉飛んだ」展なのですが、私はナゼか丸い物
が好きなので必然的に多くの曲目から私の脳裏に浮かんだのも「しゃぼん
玉」だったのです。不景気や殺伐とした事件など暗い話題の多い世の中なの
で、心を和ませる童謡や唱歌を通して日本の原風景を振り返り再発見して
一服の清涼水のような展覧会にできればとの主催者の趣旨のようです。
 
でも、童謡や唱歌は純真無垢で無邪気な内容に思われていますが、偏見
と既成概念を外せば意味深長な謎めいた歌詞にも読め、そのように豊かな
イメージをふくらませて色々なしゃぼん玉を飛ばす事もできると思うのです。
 
シャボン玉が屋根までとんだ、と言う歌いだしは成長する子供を暗示して喜
ばしいですが、二番の飛ばずに消えたという歌詞は成長できなかった子供
のようで悲しい。一つ一つのシャボン玉は悲喜こもごもの様々な生き様を
あらわしているかのようです。そのように考えると、浮遊するシャボン玉は
この世に漂う霊魂のようにも思えて、その球体表面に浮かぶ油膜の妖しくも
美しい虹色マーブル模様に複雑な人生の儚い夢幻が垣間見えるようです。
 

「シャボン玉は夢幻玉」Copyright (C)2009 AoiFujimoto. All Rights Reserved.
広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中