社会貢献!

昨年夏の地元個展の際に市役所からイラストマップの依頼があった。3月
にオープンする新公園に設置するための案内板で横約2m縦約1mとサイズ
が大きい。とりあえず、今までの地元仕事を結集して名産のスイカと馬や生
産高日本一の人参その他の産物をアピールしたサンプル画をマンガ表現
で作ったところ、意外にもそのまま通る様なので、更に原寸図に描き直して
デザイン・データを提出しました。これから検討され修正していくところです。
 
地図と言えば1984年頃に岩波書店の様々な豪華写真集に掲載する地図
や集英社の月刊PLAY BOY誌と開高健氏の書籍「オーパ、オーパ!!」掲
載の様々な地図を描かせていただいた一時期を懐かしく思い出します。
 
更に、東京から千葉に転居した1981年頃から、地区子供会の盆踊り大会
入り口に掲げる大きな看板を描く奉仕活動を毎年続けていました。看板と
言っても長さ4m位の木枠に障子紙を貼って横にした大きな行灯の様な物
の中に電球を入れ、その貼られた紙にポスターカラーで表題文字と絵を描
くのです。周囲で見物している子供達から「マンガを描いてよ!」とリクエスト
があり、無邪気に喜こぶ子供達に囲まれ戸惑いながら描き込んでいました。
 
実は、その当時の私の表現スタイルは写実的表現が主で、マンガ的表現
はありませんでした。イラストと言っても様々な表現があるのですが、今で
は、イラストとはマンガ的表現の軽い絵だと一般に誤解されています。でも、
あの頃の体験が発端になり、写実に頼らず表現方法にこだわらなくなった。
 
望まれるままマンガを描きましたが、それは地域社会に私の絵が少しでも
役立っていただければと思ったからで、それがイラストの使命だと思います。
しかし、最近ではアートもマンガ的表現の作風が見られるようになりました。
 
アートとイラストの問題は常に私を迷わせる。ちょうどエゴとエコのようだと
考える。アートは作家自身のためのエゴイズムで、イラストは社会のため
のエコロジーと似ているように思う。私が絵を描く目的は誰かに喜んでいた
だきたいからで、自己満足だけでは虚しいと思っています。アートとイラスト
の両方とも今後喜ばれる絵を描いていきたいと願っています。とりあえず、
今年一年も夢を見ながら頑張って生きて行こうと初心を新たにしています。

「イラストマップ部分図」Copyright (C)2009 AoiFujimoto. All Rights Reserved.
広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中