絶滅寸前!

皆様いかがお過ごしでしょうか。墓参りや海水浴などに行き、蚊に刺
されながら草木に散水し、短パン姿で連日の猛暑に耐えております。
 
秋に明治神宮外苑を中心に東京都内およそ80か所で東京デザイナーズ
ウィークが開催されます。東京イラストレーターズ・ソサエティは要
請され、絶滅危惧種をテーマにしたスタンプラリーのイラストレーシ
ョン制作に会として賛同し、動物に関心のある私も参加いたしました。
 
これは参加希望の会員一人が2種類の絶滅危惧種のスタンプ絵をボラ
ンティア制作するもので、絶滅危惧種の動物リスト86種から1種類
は好きな動物を選ぶ事ができます。2種類めは事務局が自動的に割り
振った動物になりますが、猫族の好きな私はトラをまず選択しました。
 
1種類めの動物「トラ」は承認され、2種類目の動物は「オオヒクイ
ドリ」に指定されました。オオヒクイドリの文字を見て低い鳥かと思
いましたが、平凡社刊の荒俣宏著「世界大博物図鑑」4巻鳥類で調べ
てみると「火食鳥」と表記してあったので、意外さに驚嘆しました。
 
その図鑑説明によると、「ヒクイドリ」はオーストラリア北西部やニ
ューギニア、モルッカ諸島に分布するダチョウのような飛べない大き
な鳥のようです。ダチョウは二つの足指であるのに対して、ヒクイド
リは三つの足指と頭に骨質の茶褐色のトサカがあり、毛髪状の黒い羽
毛で覆われた胴体に羽軸だけの翼と羽毛のない青い首に垂れ下がる赤
い皮膚が露出し発達した肉垂が特徴のアジア最大の鳥類のようです。
 
火を食う大きな鳥というのは中国の俗信に由来するらしいが、喉の赤
い肉垂が火を食べているかのように見えたことから名付けられたよう
で、それにしても名前が印象的で面白いので、大火食鳥の四文字を鳥
のイラストのバックに大きく入れたデザインに仕上げ、トラのイラス
トは可愛い虎の子で、額の模様に大吉の隠し文字を描き込みました。
 
この絶滅危惧種スタンプラリーは東京デザイナーズウィークのショッ
プ・イベントで、WWF(世界自然保護基金)協力のもと、絶滅危惧種を
テーマにスタンプラリーを展開し、青山から渋谷、代官山までのイン
テリアショップからブティック、カフェ、ギャラリーなど100店舗が
参加します。来場者はスタンプや生態をまとめたパネルを通して、絶
滅危惧種の見解を深め、参加ショップを巡り絶滅危惧種スタンプを集
めて自然保護の大切さやデザインの楽しさを体感してもらう催しです。
 
「東京デザイナーズウィーク」絶滅危惧種スタンプラリーへのご案内
開催期間→ 10月29日(金)~11月3日(水・祝)
参加ショップ→ インテリア、ブティック、レストラン、カフェ、
        ギャラリー、大使館など
参加エリア→ 青山、表参道、原宿、渋谷、代官山、新宿など
 

「ohhikuidori」Copyright(C)2010 AoiFujimoto. All Rights Reserved.
広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中