チャリティ展覧会!

東日本大震災から一ヶ月以上過ぎても毎日余震が続き、日常化してい
て、いつも揺れているような地震酔いの感じで落ち着きません。余震
というのは徐々に弱くなり、収束していくイメージなのに、連日のよ
うな地震に関東直下型を予感し不気味です。お花見等も自粛ムードで、
更に原発の放射能漏れの風評被害で日本全体が暗くなり経済も落ち込
んでいる。大地震と大津波と放射能の最凶三点セットにスカイツリー
は終末を迎えたバベルの塔に思えて、悔い改めよと聞こえるようです。

大地震と大津波は過ぎた天災ですが、放射能汚染は現在進行中の人災
で、強風に煽られて舞い散る桜の花びらのように放射能も拡がると思
うと不安です。でも、自分ではどうにも出来ない事を心配していても
仕方が無いので不安と恐怖は笑い飛ばせと開き直って気休めしている。

日本を明るくする絆、日本人の心を一つにする桜満開!ぽかぽか陽気
の春うららを楽しめば、辛い気分も軽くなる。厳しい冬は必ず春とな
る。元気でなければ乗り越えられない。くじけず、希望を!3.11日本
は希望に向かってリセットされた。下記のチャリティ展覧会で売り上
げは全て義援金として日本赤十字社に託される事になっているので非
力ながら自分の持ち場で最善を尽くすため取り急ぎ参加いたしました。

◆東日本大震災支援チャリティ・イラストレーション展「HOPE」
会期 2011年4月14日(木)~5月7日(土)
場所 gallery SER ギャラリー・セル
東京都渋谷区渋谷3-5-5 HAKKAビル4F TEL 03-5468-3618
営業時間 10:00 – 19:00  定休日 日曜、祝日

◆トッパン・フォームズ主催のチャリティ展覧会
会期 5月23日(月)~29日(日)
場所 トッパン・フォームズ本社1Fオープンスペース
東京都港区東新橋1-7-3 TEL 03-6253-6000

広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中