年末のご挨拶!

ご覧いただきありがとうございます。
大変な災害のあった今年も残りあとわずかになり、
お陰様で師走を過ごすことができそうです。

総決算の年の瀬に身辺整理をしています。
大掃除とパソコンデータのバックアップ、そして、
作品制作は場所をとらないデジタルを主に
省エネ志向で住むエリアはできるだけ狭く
辺鄙な住まいなので日常の足としてコンパクトカーを
小食を心がけ健康第一に新年を迎えたい。

さらに、2002年から所属していた業界の親睦団体
東京イラストレーターズ・ソサエティも
ほとんど会合に出席できなかったので、
今年末で継続に見切りを付け退会しました。

まさに風雲急を告げる危機的な現状で
来年は様々な面で益々厳しくなると予想。
今は足元をしっかり踏みしめて耐え、
人に喜んでもらうイラストレーションを制作しながら
すべての起死回生を祈願しています。

祈ると言っても、
既存の宗教は自由思考の妨げになると考えているので
あらゆる宗教とは無関係をモットーにしています。
先祖は仏教徒ですが、そういう理由でお気にさわったら御免
仏教に帰依する訳ではありません。ですが、
年末に一度死んだつもりでリセットしようと
自分自身で生前に死後の名前をつけてみた。

そういうのを自誓戒名というそうで、
少々アホくさいと思いながらも考えてみると
「不二本蒼生居士」あるいは「蒼生院亜北斎」になった。
葛飾北斎に心酔しているのでアホクサイの方を
当家の墓は宗教を問わないコンセプトの霊園なので、
その墓誌に刻んでくれるように家族に伝えるつもり。

ちなみに、在家の位号の簡単なご説明ですが、
男性は「信士」(しんじ)女性は「信女」(しんにょ)を
さらに、上の位で年配者用の
男性は「居士」(こじ)女性は「大姉」(だいし)を
用いるそうです。位というのは信心の度合いか、お布施か?

僧侶に高額な戒名料を払った父母は
「龍聖院釈修安」と「鶴荘院釈尼笠安」ですが、
その人柄を表現してないのでナンセンスだと思った。
立川談志は「立川雲黒斎家元勝手居士」
そんな戒名じゃ引き取れないと寺に断られたそうですが、
不条理な世俗的風習に対する反骨精神に感服しました。
大佛次郎は「大佛次郎居士」とシンプルで感嘆!
幸田露伴は「露伴」そのまま最短で、
もともと戒名は二文字だそうで、これは簡潔の極み。

年末年始も年中無休で生涯現役です。というか、
高齢者になっても想像(創造)を続けたい。
もっと自由にイマジネーションを働かせ
不幸の種をまかず、幸福の種をまきたい。

今年も、お読みいただき、ありがとうございました。
来年もまた、笑門来福!
不安と恐怖は笑い飛ばせ!と自らを奮励し、
拙画駄文をかき続けますので、
ご笑覧、どうぞよろしくお願い申し上げます。

災いに明け暮れた2011年の
閉幕が新たな回生につながりますように。
災い転じて福となす!
それでは、佳いお年をお迎えください。

広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中