蛇水引!

縁起の良い干支の蛇絵を様々に描いてきましたが、
蛇の身体は一本の紐のような形体なので
水引(みずひき)の発想でも蛇絵を描きました。

水引というと、
結婚祝いや出産祝いや快気祝いや賞金などの祝儀袋と
香典や法要などの封筒に付ける伝統的な飾り紐で、
その結び方や色により様々な使い分けがあります。

結び方には「あわじ結び」と「蝶結び」などがあり、
あわじ結びは、紐の両端が上がり、
両端を持って引っ張るとさらに強く結ばれることから、
末永くつき合うという意味があるようです。
何度あっても良いことや一度しかあってはならないことの
どちらにも使用でき、水引の色を使い分けて慶弔ともに用いる。

蝶結びは、紐の両端が下がり、
何度でも解き結びなおすことができるので、
何度あっても良いという繰り返しを意味する。
したがって、仏事や結婚や病気見舞い快気祝いなど
葬儀や離婚再婚や病気などを繰り返さないように
何度もあってはならないことには避けます。

水引は飾り紐としてだけでなく、
立体的な鶴亀や松竹梅などの細工で
置物や髪飾りとしても使用され
相撲の髷(まげ)にも用いられている。

水引細工では、
京都の京水引を使った水引飾りが有名ですが、
大正五年頃に金沢市の津田左右吉が創作した
立体的な水引細工は伝統工芸の加賀水引として
日本で広く知られています。
身近な日本の伝統美も面白くていいね・・・

拙作「蛇の水引」絵ご覧いただければ幸いです。


mizuhiki,Copyright(C)2012 AoiFujimoto. All Rights Reserved.

広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 美術 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中