幸運の馬蹄形!

誰でも生まれる場所と生きる期間を選択できないが、

人生を与えられ、生きているだけで幸運だと思う。

与えられた人生をプラス思考で謙虚に生きたいと願う。

 

秋も深まり、人生をしみじみと感じています。

最近、キャバレー経営と絵画コレクターとして知られ

81歳になられる福富太郎先生からお手紙をいただき、

「人間には腕だけではなく運も必要です。」と

人生の師から「運鈍根」の教えをいただきました。

 

人生において成功するには、

幸運と根気と、鈍いくらいの粘り強さの

三つが必要であるという事なのですが、

中でも幸運というのは重要なポイントになる。

 

幸運と不運は陰陽のように巡り

幸運でも慢心することなく用心努力し

不運でも失望することなく前向きでなければならない。

それにはラッキーアイテムが加勢してくれるだろう。

 

幸運をもたらすと信じられているものに

西洋では馬の蹄鉄があり、魔除けにもされ、

多くの国で家の扉や壁に蹄鉄を飾る風習がある。

日本でも自動車のフロントグリルに

馬蹄形のアクセサリーを付けているのを見かけたが、

馬は人を踏まないということから交通安全のお守りにされた。

 

その起源や由来は古く様々で、

騎馬民族が馬と鉄の武器を象徴する蹄鉄を幸運の魔除けにした。

チャンスやキリストの頭文字「C」に形が似ているため。

金属が貴重だった昔は蹄鉄を拾うことは幸運であったから。

蹄鉄に打つ鋲の数がラッキーセブンだったので。

蹄鉄のU字形は入れ物になぞらえ幸運が入る。

トイレの馬蹄形便座もウンが入るおまじない

という説などがあるようです。

 

高級ファッションブランドの

エルメスの馬蹄形ネックレスも鋲穴は幸運の数字の7つで、

シャネルのマークもC字の馬蹄形をイメージしていて

ラッキーアイテムの運気を招いているようだ。

 

幸運を望むなら馬蹄形アイテムは強力なお守りになりそう。

新作「幸運の馬蹄」ご覧いただければ幸いです。

horseshoe,Copyright(C)2012 AoiFujimoto. All Rights Reserved.

広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中