マイカー!

クルマとの 出会いと別れ 人のよう 心模様の フロントガラス

愛車と共に移り変わってきた人生は様々な思い出と重なり、

喜びと悲しみも幾年月いつまで走れるか中古ジジイ。

 

都会と異なり陸の孤島のような田舎暮らしには、

日常の足として買い物などにマイカーは欠かせず、

シニア世代になっても運転できなければ不便な土地柄。

 

先月車検のためディラーで愛車を点検したところ、

修理や部品交換に意外と費用がかかる見積もりで、

車検日も迫り乗り続けるかどうかの決断に焦った。

 

走る停まる曲がる機能以外の部品も交換修理が必要になり、

これ以上費用をかけるより維持費を抑え、

手っ取り早く買い換えようよと妻のアイ・コンタクト。

 

いつも愛車を買い換えるタイミングはこのような具合で、

毎日の運転でも今回は違反等も無くゴールド免許を維持でき、

手放す際は心からの感謝を込めてお別れしました。

 

思い起こせば郊外に住むことになり33才で運転免許を取得したが、

最初のマイカーは妻が家電を買うように気軽に買ってきたシビック

中古でラジエーターが壊れ首都高速でオーバーヒートした。

 

次は新車のホンダのシティ・ターボで息子達もお気に入り、

しばらくは私の愛車だったが当時長男が印刷会社に初就職し、

群馬の工場勤めの足として結局長男が乗りつぶすことに。

 

それで私は中古の白色トヨタカローラに乗る事になり、

この車は良くも悪くもエンジン音が驚くほど静かだったために、

後輪の前で寝ていたらしい野良猫を発進時に轢き心が痛み手放す。

 

それまでは全てマニュアルシフト車にこだわり乗っていましたが、

初めてオートマチックの中古トヨタ・ビスタを買い、

上品なツートンカラーのセダンでしたがエアコン故障で諦めた。

 

そして初めて税金も安い経済的な軽自動車に乗り換え、

丸ヘッドライト4つ並ぶベンツ旧タイプに似たフロントデザインの

中古銀色スバル・プレオ・ネスタG SPを買ったがパワーが弱い。

 

次は軽の新古車で上質な造り綺麗な薄紫色のスズキMRワゴンだった、

オドメーターも少しでリモコンキーも遠くから効き良かったが、

女性的デザインにどうしても嫌気がさし買取店に売ってしまった。

 

次は前のメルセデス・ベンツ青色Aタイプ私好みのデザインなので、

ネットオークションで競り落としたが細かい傷だらけだったから、

全て修理塗装し直しガラスコーティングまでした愛車だった。

 

そして今のホンダライフ・ディーバ(プリマドンナの意)ターボ、

レンタルビデオ店に行ったついでに向かいの中古車店に寄ったところ、

なぜか店頭のダース・ベイダー似の軽自動車が最初に目にとまる。

 

他も色々と見せてもらったが結局その歌姫に惹かれ即決してしまい、

気楽に孫の犬をリアシートに乗せても中古なので汚れも気にならず、

始動時に今日は7月13日オカルトの日です。等と語りかけられ愉快。

 

乗ってパワステが軽すぎると感じたが日常の足としては十分で、

ガソリンも前のベンツの時のハイオクから安いレギュラーに戻り、

さっそくETCをセットアップし高速走行やナビを試したいありさま。

LifeDIVAturbo

LifeDIVAturbo,Copyright(C)2013 AoiFujimoto. All Rights Reserved.

広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中