僥倖!

「お宅の前でピタリ停まれましたよ」とその来訪者は言った。普通は目的地周辺ですというナビの音声に停車してから付近の人に尋ねたりするのだが、と驚いたようにつぶやいていた。ネットとナビで辺鄙な拙宅へも容易になり、普段あまり来客は無いのに、近頃は遠来の訪問者があり、来る者は拒まず、去る者は追わず、を信条としているが、慣れないことなので緊張して落ち着かない。

様々な人達のお陰で仕事をさせていただいているのに、孤独でないと絵を描く仕事に集中できない矛盾にバランスをとったほどほどの田舎暮らしなのだと納得している。宗教とは無縁だが修行僧のように蟄居し絵を描く暮らしも自己責任で生きるため自分で無意識に選択しながら僥倖を当てにした人生なのだろう。

他の仕事の合間に少しずつ描き続けた絵もようやく完成に近付いてきた。当初この絵の依頼があった時に困惑している私に「もう同じには描けないんでしょ」と妻に言われた。日頃パソコンで絵を描いているのでキャンバスに絵の具描きは体力的に衰えて若い頃のようにはもう描けないだろうという意味のようだが、それなら締め切りまで余裕があるので40年以上前には描けなかった部分までゆっくりと時間をかけて描き尽くしてみようと思った。

今は手元に無い自分の過去の絵を再現するように再び同じ絵を描くのは創造的ではないとの抵抗感があり本意ではなかったが依頼主との友情から断るわけにはいかなかった。それにどのような絵でも仕事になればプロ意識が働く。昔に描いた時と現在とでは絵に対しての考えは変わらないのに、イラストレーターとして依頼されるままに様々なスタイルの絵を描いてきて私のアートを見失いそうになっていたことにも気付かされ感謝している。

絵に対しての考え方というのは、ただ写実的に表現するのではなく、独自の視覚を表現することだと初期の頃から考えていて、この仕事は私のアートを再認識する良い機会になってくれた。もちろん、アートだけではなく今まで通りイラストレーションも生活のため並行し続けなければならない。

制作中の絵です。(It is during paint now.)

2014.2.16

2014.2.16,Copyright(C)2014 AoiFujimoto. All Rights Reserved.

広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 美術 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中