断捨離

発つ鳥後を濁さず、という諺のように、風呂から出る時に浴槽のなかをゴミ取り網ですくい取ってから出るようにしている。終活という訳ではないが、歳をとってくると自分が死んだ後も余計な物を残さないように身辺整理をして後々迷惑のかからないよう常に後始末をしながらできるだけコンパクトでシンプルに生活したいと願うようになった。

それなのに普段から気にはなっていたが、日常使わないものをとりあえず空き部屋に置いていたら、とんでもなく不用品だらけになってしまった。その部屋を思い切って整理し、ネットショッピングなどで溜まってしまったパッケージのダンボール箱を平らにたたみ発泡スチロールやカタログ雑誌などと共に紐で束ね、沢山のレコードやFAX電話機とプリンターなどと共にクリーンセンターへ持って行き処分した。衣類と書籍などは地域の廃品回収日に出せばリサイクルになると思うが、使わなくなったテレビとデスクトップパソコン1台とノートパソコン2台にスキャナーや携帯電話2台はどうしょうかと思案している。

その古いパソコンのデータを妻が突然に見たいと言い出し、ネット接続無しで起動してみたところ、ネットに接続してないのに「XPのサポートは終了しました」とモニタ表示が出て驚いた。すでに必要なデータはUSBフラッシュメモリやSDカードなどに取り出し保存したのだが、取り残したデータが必要なことも後々あるかも知れないと古いパソコンはしばらく捨てられないと思ったりする。一年間使わなかった物はどんどん捨てちゃえと思うが、愛着のある物はなかなか捨てられなくて断捨離はむずかしい。

そして昨日は運転免許証の更新に幕張へ行き、新しいIC免許証を得た。古い免許証を記念として手元に残すこともできるそうだが余計な物を増やさないよう断捨離した。帰宅してみると、Facebookなどで誕生日のお祝いの言葉を沢山いただき、子供の頃から誕生日を祝ってもらったことがなかったので戸惑いのなかの不思議な喜びに感激した。祝辞に生きる元気を与えられて、自分も人に喜びを与えられるようにと思い、そのような感謝だけは断捨離できない。

2014.4.23
2014.4.23,Copyright(C)2014 AoiFujimoto. All Rights Reserved.

広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中