壁画

古代人が祈願を込めて描いたという大きな洞窟壁画のように、祈りを込めて描かずにはいられなかった。そのような感情がアートを生み出す源なのかもしれない。壁画といっても私にできることは壁紙に描く程度だが、これだと巻いて保存や移動ができ便利である。いつか実際の壁画のような大きな絵を描ければと願うが、大きな絵に描くというのは、そのサイズに描くべきテーマの必然性があるだろう。

縁起の良い龍の絵などを大きく描いてみたいと思うが、なんでもかんでも看板絵のように大きく描けば良いというものでもなく、巨大に描かれる独裁者の肖像画などのように実際の顔サイズ以上の大きさで描くと異様で不遜な感じがする。宇宙鳳凰の浮遊する珠は魂魄をイメージしているのだが、宇宙スケールなので、やはり大きなサイズに描かなければと再び同じテーマを描いた次第。

大きなサイズの絵を描くことは、立ったり中腰になったりしゃがんだりと全身で静かに格闘するようだ。体力のあるうちに超大作に挑戦したいものだと思いながら運動不足を実感した。

「宇宙鳳凰」壁紙(石目エンボス加工のビニールシートに紙を裏打ち)にペイント サイズ96cmX146cm    2014年7月制作

2014.7.9

2014.7.9,Copyright(C)2014 AoiFujimoto. All Rights Reserved.

広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 美術 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中