巻物

またしても壁紙に絵を描いてしまった。九年前に内装屋さんが使い余った壁紙を置いていったので家の中に保存していて最近ネコの爪で傷ついた壁の補修に自分で使ったが、それでもまだ余っていた。もったいないので今回はそれを利用して更に大きく壁紙の幅をそのまま横幅とした垂れ幕のようなものを壁紙で作った。前に壁紙に絵を描いた時に巻物にすれば絵が大きくても保管や持ち運びに便利だと思ったからだった。

本来なら丈夫な和紙かロールキャンバスに描くべきなのだろうが、そのぶら下げる大きな縦長の巻物に昇り龍を描いた。他の多くの動物は横に移動するが、龍は辰(立つ)といわれるように縦に天地を立つように垂直移動できる。東洋の龍の絵は色々と沢山あるが、龍の頭はなぜか少し上から見た角度で描かれたものがほとんどで龍の頭を下から見上げる角度の龍絵は見たことが無い。また、龍の全身を描いた絵も少なく、ほとんどは雲や火炎などで体を隠し省略していて、頭と手足などの一部だけで表現した龍絵が多い。縦長を生かして下から見上げる角度で全身の昇り龍を描いてみた。

大きなサイズの絵を描くには広い場所が必要だが、絵が大きくても巻物は描く時も部分だけを出しながら他は巻いてスペースをとらずに制作進行にあわせて拡げ、大きな絵でも意外に描きやすかったが、床にしゃがんで描くので足腰が疲れた。絵も娯楽だと考えているので、誰かを喜ばせ元気や活力を与えられ何かの役に立てればと願っている。

 
「昇運龍」壁紙にペイント サイズ96cmX230cm 2014年7月制作

2014.7.18

2014.7.18,Copyright(C)2014 AoiFujimoto. All Rights Reserved.

広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 美術 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中