龍珠

暑中お見舞い申しあげます。連日の猛暑ですが熱中症にご注意ください。絵に熱中で相変わらず部屋にこもっている私ですが、窓を開け出来るだけ水分をとりながら過ごしています。物事にこだわりを持たない方ですが絵画だけは別で、いずれ究めて傑作をものにしたいと修行する。

壁紙に描いた「昇運龍」のサイズは大きかったが黒一色なのであっけないほど簡単に仕上げることができた。長いので吹き抜けの階段壁にぶら下げていたが、その写真をブログで見たフランスの画商が秋にマレーシアで開催されるアートフェアにあの絵を出品したいと連絡してきたのでその絵の巻物を国際スピード郵便(EMS)で送った。それでこの絵は完結したはずだったのだが、絵を描きとばして未完成のようなこだわりがまだずっと尾を引いてしまい決着がつけられなかった。締め切りのあるイラストレーションの場合は切迫する時間で完成するのだが、自分の好きに描くアートの場合はそういうわけにはいかずちょっと面倒臭いことになった。

西洋では邪悪のシンボルのドラゴンも東洋では聖なる龍となるが、東西共に共通するのは宝を護っていることだろう。縁起の良い昇り龍の絵は以前にも色々と描いているが、前作のどこが自分で納得できないのかわからず、今度はデジタルでおさらいしてみた。構想を練る試行錯誤にはデジタルは具合が良く、描き直しや修正も容易く、用紙や絵の具なども無駄にならず様々に気の済むまで試すことができる。結局は納得いかないままだが、こんなことができるのも今のような自由時間でしか有り得ないことだ。

そういえば、子供時代も独りで絵を描いて過ごしていた。齢を重ねても、相変わらず部屋にこもって絵を描き、相手のあるイラストレーションの生業と異なり独り相撲のようだ。朝の起きがけの空腹感に今日も生きているという実感と感謝の念がわいてくる。右顧左眄せず納得できる絵が描けるよう毎日を積み重ねる生活が私の人生だとしみじみありがたく思う。

 
「龍珠」2014年7月デジタル制作 サイズA4 2014年7月制作

2014.RyuZyu,Copyright(C)2014 AoiFujimoto. All Rights Reserved.

2014.RyuZyu.

 

 

 

 

 

広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 美術 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中