【 Facebook Art Challenge 3日め 】●2015.04.22

今朝は久しぶりに美しく晴れ未明から私の誕生日に多くのFacebook友人からお祝いメッージをいただき感謝しています。どんなことでも人を楽しませ喜ばせることで自分もハッピーになる。それが人生の目的や生きる意味なのかもしれないと、私の場合は特にそれを絵でも出来ればと願っている。

あの感覚が甦えり、初心忘れるべからずだなと思った。イラスト仕事はデジタルで描くことが多くなったが、最近ある方から原画も飾りたいのでと観自在観世音菩薩の絵をアナログの手描きで依頼された。キャンバスに絵の具で描くと絵の具の材質感や筆感やマチエール(絵肌)などの新鮮さにパソコンで絵を描くようになる前の制作を思い出した。本が電子書籍へと移行していっても紙の本は骨董的価値として残るだろうが、同様に絵もデジタル化されても物質の絵画はコレクターに所蔵され愛好されていくだろう。デジタルとアナログの両方ともそれぞれ長所短所があり、どちらか一方に偏らずに絵の具で絵を描き続けることも大事だと再認識した。

受けていただけるかわかりませんが、3日めは次の作家に墨絵画家の本多豊國さんを指名したい。本多さんは阿佐ヶ谷美術学園時代に住んでいた杉並の同じアパート住人の木村雅彦さんの友人でしたが、その本多さんに当時セルバンという喫茶店のマッチ絵の仕事などを紹介していただきお世話になった。何十年後に本多さんの個展に伺った時に御子息のYuta Hondaさんにも会い、親子でアート活動をされているのをFacebookで知り感銘を受けた。

1976tutui
「時をかける少女」 原画サイズ不明
この絵は29才のとき1976年に角川書店編集部の藤原剛さんから依頼され角川文庫カバーイラストになった。後に福富太郎さんのパーティで藤原さんに突然声をかけられ奇遇に驚いた。この筒井康隆さんの小説は映画化され、松任谷由実さん作詞作曲の主題歌を主演の原田知世さんが歌った。

1976.03.28
「東西不思議物語」 ペン原画18cmX30cm 49点とタイトル扉絵制作
この絵は30才のとき1977年(昭和52年)澁澤龍彦さんの東西不思議物語が毎日新聞に連載されたときの挿絵の一点。その連載がまとめられて単行本や文庫本になり、その挿絵を展示した出版記念原画展を銀座ギャラリー・デコールが開催してくれ、その第4回めの個展会場で澁澤ご夫妻と初めてお会いし感激した。

1979Child'sDream
「童夢」 128X105mmミニチュアキャンバス・油彩
この絵は32才のとき1979年新宿住友ビル第1回洋画ミニチュア大賞展で佳作受賞した。当時この絵を一色のリトグラフでも制作し第47回日本版画協会展に初出品して入選したが、アートからイラストレーションへ心変わりし始めた時期だった。

ArtChallenge3,Copyright(C)2015 AoiFujimoto. All Rights Reserved.
不二本蒼生  http://aoi.2-d/.jp

広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中