びっくり!

何だこのハエ、まじウザったい!仕事を邪魔され思わずギャル語で叫んでしまった。どこからか室内に侵入して来た一匹のハエが先程からパソコンの周りをまとわり挑発するように飛び回っている。そのうち出ていくだろうと網戸を開けた。しかし他の虫も入ってくるかもと困惑していると、近所の娘が拙宅にやって来て、玄関前の通路にヘビが死んでいるよと知らせてくれた。すぐに行ってしゃがみよく見ると10cm位の小さな可愛いヘビとトカゲが互いの体を咬み合ったまま身動きできないでいたのだった。膠着状態でからまっていたので一匹のヘビが死んでいると勘違いしたのだろう。しょうがないなぁと、つまみ上げ引き離そうとしたら、驚いたトカゲに指先を軽く噛まれ、それで二匹とも取り落としてしまった。解き放たれた二匹は別々に草陰に逃げ込み両方とも助かった。

その夜に食器を洗っているとキッチンシンクの下を何か黒い物が動いた。猫毛とホコリがかたまりになり散乱するので見つけるたびに取るが風に流された取り残しだと思い、とっさに足先で押さえ込んだ。なんと、靴下ごしに動く感触が、驚いて見てみると5cmくらいのゴキブリだった。テッシュで掴み、とりあえず外へ捨てた。翌朝その死骸をかたずけようとすると仰向けになった脚がかすかに動いていた。なんだか哀れに思い、手近にあった長い靴ベラですくって玄関外の植木鉢の土の部分にそっと置いておいた。しばらくして再度そこを見るといなかったのでホッとしたが、それを妻に話すとなぜ殺してしまわなかったのかと叱られてしまった。蚊が腕にとまると叩き殺すのだが、なぜかハエやゴキブリになると害虫でもキモカワに思え躊躇する私は変人かもしれない。

今はそれほどでもないが、子供の頃は身の回りに小さな生き物がたくさんいて、生き物は何でも好きなので飽きずに眺めていたものだ。園芸好きの妻にとっては爬虫類や蜘蛛や虫は大嫌いで触ることもできず、害虫駆除剤をいつも庭に散布している。朝、魚に餌をやるために池を見ると60cmの鯉と17cmの金魚が死んでいたのでショックだった。それを妻に話すと庭木に散布した薬が池に入ったのかもと悪びれた様子もなく言われ唖然とした。周囲の畑でも農薬を大量に散布していて、近所の農家の人は癌などの健康被害になっている人が多い。そういえば近年ミツバチやセミも少なくなりホタルなどは全く見なくなってしまった。虫よりも人に危険なのは生物を殺す強力な薬の方だろう。 http://line.me/S/sticker/1085098
09
09,Copyright(C)2015 AoiFujimoto. All Rights Reserved.

広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 美術, 動物, 日常雑記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中