手も足もでん!

「私の骨はすぐ墓に入れないでね」と妻はつぶやいた。「えっ!」と聞き返すと「だって、私が先に逝っても墓の中はあんたの方の知らない先祖ばかりだもの」と言う。「どちらが先かわからないけど寂しいからかな?」と冗談まじりに問う私に「あんたが死ぬ時まで私の骨壷を家に置いてよ」と更に続けて頼まれた。偕老同穴という夫婦仲でもないが、前後なく二つの骨壷を後で同時に納骨してくれるように墓を継承する息子達に事前に頼み、念のために件のエンディングノートにも特筆しておこう。

そう言われてみれば、妻と同様に私も亡父以外の先祖は実際に会ったこともなく知らない遺骨ばかりのようだ。我が家の墓は暗黙のうちに長男の私が引き継ぐことになり、平成17年に郷里の先祖代々の古い墓から全ての埋葬されていた遺骨を取り出して現住所近くの霊園に新たな墓を建立して納骨した。郷里の墓は遠方なので管理しきれず墓参りに行くのも困難なので子孫のためにも郷里の墓を墓じまいにした。郷里の市から改葬許可証を取得して現住所近くの新しい墓へと遺骨を自分の運転する自家用車で移動した。

その墓じまいの際に抜魂法要をしたが、遺骨を墓のカロート(納骨室)から取り出すとき古い多くの骨壷は自然に朽ちたように割れて遺骨が散乱し、どれが誰の遺骨か判別できないほどだった。素焼きの骨壷の破片に墨で書かれた名前のなかに後添いになった女の人など先祖に所縁のある俗名も見受けられると親族から聞いた。カロートは未来の子孫たちへ先祖の家族関係などの有り様を伝える昔から現代へのタイムカプセルのようだ。

そんな私も小学生時代には墓や仏壇を無意識におぞましいと思っていた。墓から呻き声がしたり、仏壇から黒いミイラのような手が出てくる悪夢をみたりしたからだろう。それで仏壇や墓などを嫌い、なぜ拝むのかと不可解にさえ思っていた。仏壇や墓は動くことも語ることもできず、現世に生きる我々には手も足も出せない。なにも怖くなんかないと成長するにつれ思い直すようになった。

それから毎月のように家族で墓参りしているが、身近に墓があると根無し草だった私の家族はこの土地に根付いたと実感して落ち着く気がする。墓とは単なる遺骨の保管場所にすぎないと思っているが、その中の見えない霊魂は墓から飛び出し自由に異時空間を飛び回っているのだろう。遺骨や霊魂は亡き人の形見として同じ様な遺品的実体なのかもしれない。墓参りに行くと他の墓前で独りうずくまり何事か墓に向かって語りかけている人を時々見かけることがあるが、きっと故人の霊と対話しているのだろうと思う。

いつしか法事などに接するにつれ宗教そのものに疑念を抱くようになった。ヒップホップのような意味のわからないお経の読経を聞きながら、ただ宗教の慣習に従うしかない社会通念に疑問を感じたのだろう。仏教徒でもないのにお布施の金額により高位の戒名を命名してもらうなど無意味だと思うようになった。檀家制度などにがんじがらめにされ、こんどは手も足もでないのは仏壇や墓ではなく自分の方だと気がついた。

それで誤解されるのは本意ではないが、私は宗教が嫌いだ。キリストとマホメットとブッダなど本来の宗教は心の救済のためにあったと思っているが、小さなグループが大きな宗教集団になり様々な宗派に分かれ慣習的システムになってしまってからはその心は破壊され欺瞞に満ちてきたようにみえる。キリスト教徒とイスラム教徒の根深い対立をみても自分自身の思考ができないくらいに洗脳され宗教は諸悪の根源になってしまったと思わざるを得ない。根本の原理を忘れ宗教の慣習に惑わされることなく、心霊とのテレパシー(精神感応)を通わせる無宗教の祈りのような人間として常に心に深く思っている善の思念こそが大事なのではないだろうか。

Icandonothing

若者ことば「手も足もでん!」
Icandonothing,Copyright(C)2016 AoiFujimoto. All Rights Reserved.

広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中