地震と誕生日

大変に気が重い四月になってしまった。熊本地震により亡くなられた方々に哀悼の意を捧げますとともに、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。そして被災地の一日も早い復興をお祈り致します。偶然にも14日は妻の誕生日で娘からバースディケーキをプレゼントされお祝いムードの家族だったが、その夜に熊本で強い前震が発生し16日未明の本震へ続き、度重なる余震により今も被害は増えているという。

今朝八時にも茨城県南部を震源地とするM4.6の地震があった。私の住んでいる所も少し揺れ、危うい日常に生きていると実感する。心苦しくて言い出し難いが今日は私の誕生日で、悲惨な被災地の状況を思うとお祝いを受ける気分にはなれない。それでも「お誕生日おめでとう!」のメッセージをいただくと今を生きていることを実感し、素直にありがたいと思う。やはりお祝いの言葉は人をいたわり元気にする素晴らしい挨拶だと思う。今を共に生きる他の人にも受けた好意を分かち合い示していこうと思った。

じつは子供の頃に誕生日を祝ってもらった記憶がない。ただ一度だけ「今日はお前の誕生日だよ」と母から言われ驚いたことがある。今にして思えばそれがおめでとうの意味だったのだろう。私の親は共働きで家に居る時間は少なく、私が朝起きた時には既に家族は皆出かけ誰も家に居なかった。学校から帰っても留守番しながら部屋で絵を描いているカギっ子で、余裕のない日常の我が家では誕生日を祝う習慣もなかった。

それで誕生日を特別に意識することなく大人になってしまった。しかし記念日というのは生きる節目の励みになり特別の日として大事にしたほうが良いと思う。馬齢を重ねるにつれ誕生日のお祝いを言うべき知人に故人が増えてしまい隔世之感がある。しかたがないので故人には誕生日ではなく命日を思い出して人の絆を懐かしむようにしている。

HappyBirthday!

若者ことば
HappyBirthday!,Copyright(C)2016 AoiFujimoto. All Rights Reserved.

広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中