合掌

久しぶりに車で東京へ行ってきた。首都高速を通り西神田ランプを出入りして懐かしさで感慨無量だった。と言っても拙宅から高速道路でわずか1時間半ほどの短距離なのだが、ここのところ何十年も行くことは無かった。以前は毎月何回も東京へ車で通い、出版社の打ち合わせ等に夜でも編集部へ駆けつけていたものだ。日常の足に車が必要な自然豊かな所に住み生活行動が地域に馴染んでしまったので今では東京へ行くことは無くなってしまっていた。

ほとんどの仕事の用事はネットで事足りるようになり、出向く必要も無くなったからだ。大きな出版社は専用の駐車場があるので問題はないが、やはり都心で駐車できる所が少なく不便だからで、有料駐車場の空きや駐車時間を気にしなければならない。それでも車載カーナビとスマホの地図など車移動には大変便利な時代になっていて、東京以外では時々車で遠出することがある。ETC車載器にカードを挿入しても音声が出なくなりETCが壊れてしまったのかと心配していたが、東京へ向かう高速道路進入口でバーが勢い良く跳ね上がったのでホッとした。

この空前絶後の東京行きは恩人の絵画作品展に行くためだった。この展覧会というのは当時お世話になった編集者の遺作展で、出版社を定年退職されてから恩返しもできないまま故人になってしまわれた。その編集者のご自宅へ招かれたり、拙宅へもご夫妻が遊びにこられたこともあった。ご夫妻共に絵画制作に励んでおられ、見事に主催されたご夫人の想いと故人の余生が窺える展覧会だと思った。今回のような故人を偲ぶ会には人と会わなければならないので是非とも駆けつけなければならなかった。

会場は神田神保町にある某有名画材店ビルのギャラリーだった。事前にネットで下調べした直近の有料駐車場に車を停めたが、見覚えのある通りに面していたので驚いた。なんとそこは編集者たちと昔連れ立って打ち合わせ用の喫茶店へ何度も歩いたスズラン通りで胸があつくなった。会場には旧知のご夫人と出版社を定年退職された元編集者の皆様が集っておられたが、その中の見覚えのありそうな人に挨拶し名刺を差し出すと私の名前を憶えていただけていたようで嬉しかった。そして皆様と昔話に花が咲いてしまったのは言うまでもない。合掌

please

若者ことば
please,Copyright(C)2016 AoiFujimoto. All Rights Reserved.

広告

aoifujimoto について

1947年石川県金沢市生れ。69年平凡パンチ誌で8Pのイラストレーション作品掲載。73年芸術生活社の月刊芸術生活誌目次絵12点連載。75年に澁澤龍彦著東西不思議物語毎日新聞イラスト連載。87年集英社文庫カバー血の本シリーズイラスト連載。97年画文集怪物伝説白夜書房刊。02年富里市制記念親子馬の銅像デザイン制作。10年富里市案内板と27回トミサトスイカロードレースTシャツのイラストデザイン制作。個展13回。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中